安い ★禁煙補助剤 ニコレット96個【4個パックでさらにお得&送料無料】 【第(2)類医薬品】-第二類医薬品

安い ★禁煙補助剤 ニコレット96個【4個パックでさらにお得&送料無料】 【第(2)類医薬品】-第二類医薬品




二コレットのミント味が新発売!!

「ニコレット・ミント」は、ミントの成分により「ニコレット」に比べて口当たりが和らいでいます。ニコチンの辛味と刺激感を好まれる方は「ニコレット」を、ミント味を好まれる方には「ニコレット・ミント」をお使いいただけます。

また、一般的にメンソールのタバコを吸っていた方は「ニコレット・ミント」を好まれる傾向があるようです。「ニコレット・ミント」の発売により、禁煙を希望される方々が自分の好みに合わせて「ニコレット」か「ニコレット・ミント」のいずれかを選択できるようになり、これまで以上に多くの方が禁煙を達成されることを期待しています。

「ニコレット・ミント」は、現在世界40ヶ国で既に販売されており、売上の比率は国によって異なりますが、全体としては「ニコレット」が60%、「ニコレット・ミント」が40%となっております。イギリス、フランス、ドイツ等では、「ニコレット・ミント」がより好まれる傾向にあるようです。





----------------------------------------------

★ニコチンガムの二コレットのお話★

しっかりお読みください。

ニコレットは「ニコチン置換療法」によって、禁煙時のイライラなどを緩和しスムーズに禁煙することを補助するガム製剤です。

ニコチン置換療法とは、喫煙習慣をニコチン依存と捉え、ニコチンを喫煙以外の摂取法で置き換えて離脱状態を軽減し、その後、置換されたニコチン摂取量を徐々に減らしていく療法です。

スウェーデン海軍の潜水艦乗組員の航海中の禁煙による離脱症状に対応するために考案されたものです。

ニコレットは1987年にスウェーデンで開発されて以来、世界各国で使われています。

日本では94年に医療用医薬品として発売された後、2001年9月に一般用医薬品(OTC)となりました。
OTCのニコレットも旧来の医療用のものと同量のニコチンを含有しています。

ニコレットには1個当たり2mgのニコチンが含まれており、5~10個で子供の致死量(10~20mg)になります。
製剤はガムなので、子供のいたずらの対象になりやすいと考えられるため、PTPシートはたやすく開けることが困難な形に作られています。

「主な配合成分」

無色、揮発性で水に溶けやすいアルカロイドで、空気にさらすと褐色となり、タバコ臭を生じます。
体内に摂取されたニコチンの80~90%肝臓で代謝され、腎臓や肺でも代謝されます。代謝物は腎臓からすみやかに排泄されます。
また、授乳時の乳汁中にも移行することが知られています。

「使用法」

ニコレットによる禁煙プログラムを成功させるためには、本人の強い意思が必要なのはもちろんですが、使用する場合にニコレットの正しい使用方法を理解していることも重要です。

使用するのは、タバコを吸いたいと思ったときで、1回1個をピリッとした味を感じるまでゆっくり噛み、味を感じたらほほと歯ぐきの間に挟み込んで1分以上起きます。

この「ゆっくり噛む」「1分ほど休む」という行為を30分~60分間繰り返すことにより、口腔粘膜から少しずつニコチンが吸収されます。

1日の使用数は最大24個で、具体的な数は、喫煙時のタバコの消費量から導きだされる目安が添付文書に示されています。

「使用上の注意」

ニコレットは使用期間が3ヶ月をめどとされています。
長期間にわたって使用を続けると、タバコによるニコチン依存がニコレットによるニコチン依存に引き継がれてしまう可能性があるためです。
また、
1.タバコを完全に止めて使用する
2.1度に2個以上噛まない
3.ガムなので決して飲み込まない
といった基本的な注意も忘れてはならないことです。

食品との関連では、ニコチンが弱アルカリでよく吸収されるため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にするものはニコレット使用後には摂取を控えることも大事です。

「副作用」

ニコチンは、ニコチン性アセチルコリン受容体に作用し、刺激と抑制の両作用を有するため、生体に対する刺激は複雑です。
皮膚、胃、舌などの機械受容器、化学受容器、温・痛覚受容器を刺激し、のどの痛みや食欲不振などを引き起こします。
また、循環器や中枢神経系にも作用を及ぼすため、動悸やめまい、吐き気、嘔吐、眠気などが起こることが考えられます。

また、重い心臓病、脳梗塞や脳出血と診断された人は、ニコチンの血管収縮作用が疾病に影響する恐れがあるため、ニコレットの使用に禁忌ととなっています。

ニコチンパッチなど他のニコチン製剤との併用も、ニコチンの血中濃度が高くなりすぎるため禁忌となっています。

妊婦や授乳中の人、顎の関節に障害を持つ人なども使用ができません。

禁煙目的以外たとえば、タバコの消費量を減らす目的での使用は禁じられています。

【補足】

禁煙とニコチンガム
【喫煙とニコチン依存】

喫煙に関する精神薬理学的研究から得られた知見では、タバコ煙中のニコチンには依存性物質としての特性があり、喫煙にはニコチンの精神作用が一次的な役割を持っているとされています

それは反復喫煙によって耐性が速やかに形成され、これは短期の禁煙により部分的に消失し、再喫煙によって容易に再形成されるといわれています。

長期の喫煙後では禁煙後に退薬症候(注)が現われ、これは再喫煙によって消失するとされています。退薬症候には、比較的長期に渡って見られるものもあり、これらは喫煙がニコチン依存の機序を持っていることを示しています。

(注)退薬症候

禁煙すると、タバコ渇望、焦燥感、易怒、不安、緊張、不穏、短気抑うつ、集中力低下、眠気、易疲労、睡眠障害、食欲亢進などがどが報告されています。

退薬症候がどれくらい続くかについては症候毎に異なることが多く、再発と関連する喫煙衝動は、喫煙中止後9年まで続き、強い欲求が間欠的に出現するといわれています。
これらの症候の発現には、ニコチン効果が条件づけられた環境刺激が役割を果たしていると考えられています。

【ニコチン置換療法の現況】

置換薬への依存も起こりえることで、その症例も報告されていますが、臨床試験によればニコチン置換療法は禁煙に効果的であると結論されています。他の禁煙支援がなんであれ、ニコチン置換療法は全体として禁煙率を1.5~2 倍に高めると報告されています。

高度依存の喫煙者には2mg ニコチンガムよりも4mg ニコチンガムのほうが効果的であるとされ、ニコチン製剤同士(鼻スプレーやパッチ)を組み合わせて使用する方法も考られますがまだ結論がでていません。

また、依存症の低い喫煙者に対してのニコチン置換療法の有用性についても議論されるところであり、ニコチン置換療法の有用性は明らかではありますが、長期の効果については課題を残しています。
これはニコチンに限らず、他の薬剤依存症にも共通する課題と言えるでしょう。

 (参考:日本薬剤師会雑誌 第53巻)

製造・発売: ファルマシア株式会社
販売:    武田薬品工業株式会社

<消費者からのお問い合わせ先>
ファイザー株式会社 ニコレット禁煙支援センター
03(5365)8314
音声自動応答システム【24時間対応】
(プッシュトーン対応の電話からおかけください)
相談員受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を除く)
武田薬品工業株式会社 ヘルスケアカンパニー お客様相談室
03(3278)2430
( 受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を除く)


安い ★禁煙補助剤 ニコレット96個【4個パックでさらにお得&送料無料】 【第(2)類医薬品】-第二類医薬品

安い ★禁煙補助剤 ニコレット96個【4個パックでさらにお得&送料無料】 【第(2)類医薬品】-第二類医薬品

安い ★禁煙補助剤 ニコレット96個【4個パックでさらにお得&送料無料】 【第(2)類医薬品】-第二類医薬品